main-image-research

ラボより

未曾有のコロナ禍が人と人との絆を断ち切ろうと猛威を振るっています。多くの学術集会が中止されるなど、医科学研究者も協働の機会を奪われ苦戦を強いられています。私たち群馬大・腫瘍放射線学ラボは、この困難な状況においても60年間連綿と続く「人の和」を絶やさず、がん放射線治療のニューノーマルの創造を目指して挑戦を続けます。大学院生を中心とした若い研究室。その活動の一端をご紹介します。

群馬大がもつ重粒子線治療は、優れた抗腫瘍効果をもつ反面、稀少な医療資源です。このため、放射線治療全体のレベルを上げるためには、重粒子線治療のさらなる最適化と、重粒子線治療が最適な症例群を層別化するバイオマーカーの確立を並行して進めることが重要です。私は重粒子線治療の最適化を目指して、超解像蛍光顕微鏡によって取得したDNA損傷の3次元構造と物理シミュレーションしたビームプロファイルの関連を解析しています1。また重粒子線治療に適する症例の層別化を目指して、X線治療に抵抗性を示す症例に特徴的な体細胞変異の探索をおこなっています2
1. Oike and Niimi et al. Scientific Reports 2016;6:22275(2017年JASTRO梅垣賞)
2. Yoshimoto et al. Gynecologic Oncology 2020;159:546-553

放射線治療が免疫反応を誘導することは古くから知られており、最適な免疫反応を確実に誘導できれば、遠隔転移をもつ進行期がんでさえ根治を狙える可能性があります。私は放射線によって誘導されるDNA損傷応答に着目し、そのシグナル経路が免疫チェックポイント阻害剤の標的分子PD-L1の発現を制御するメカニズムを明らかにしました3。現在は、重粒子線治療に特徴的な免疫反応の解明や、免疫活性化に最適な放射線治療法の確立を目指して研究をおこなっています。
3. Sato et al. Nature Communications 2017;8:1751(2018年JASTRO梅垣賞, 2019年JRS優秀論文賞)

重粒子線の殺細胞効果は線エネルギー付与(LET)に影響されることが基礎生物実験では確認されています。しかし実際の治療における標的内のLET分布は不均一であり、LETプロファイルが治療成績に与える影響は十分に解明されていません。私は大学院の研究課題として、重粒子線治療計画のLET分布を簡単に可視化するプログラムを開発しました(論文投稿準備中)。このプログラムを使って、重粒子線の治療計画を最適化する鍵を見つけるべく、日々、解析に取り組んでいます。

私は入局1年目かつ大学院1年生ですが、すでに複数の重粒子線の生物研究プロジェクトに参加し、日々、研究に没頭しています。自分の手で細胞を照射しコロニーを染色して見ることで、重粒子線の強い殺細胞効果をあらためて実感でき、とても勉強になっています。若手の視点から見た当研究室の魅力は、なんといっても“楽しめる環境”にあると思います。何事も楽しくなければ継続できません。恵まれた研究環境で、大学院卒業からさらにその先へ、躍進します。