メインイメージ

研究について

当教室における研究の現状

研究について

当教室では、日本でも有数の多くの医局員数を有する放射線腫瘍科教室として、がん治療のさらなる向上を目指し、基礎研究から臨床試験まで幅広く取り組んでいます。 従来のX線治療に関する研究はもちろん、現在では、「日本で唯一重粒子 […]

放射線生物研究の現状

研究について

レントゲン博士によるX線の発見(1895年)以来、100年以上にわたり連綿と、放射線の医療応用のための研究が続けられてきました。そして現在、X線治療は急速な発展のただ中にあります。近年のX線治療の発展は、三次元治療計画装 […]