メインイメージ

見学の例、見学者からの質問

見学の例

見学の具体的な例です。
あくまでも例ですので、若手医師に1日付きっきりなど、
やりたいことがあれば個別に対応いたします。

8:15 朝のカンファレンス
午前中 重粒子線施設の見学*
12:00 ランチ
午後 小線源治療実習*
夕方 質疑応答 (or 希望があれば食事会)
*ほかにもオプションとして
  • コンピュータを使用した治療計画
  • 外来見学
  • 病棟実習
  • 治療中の様子の見学
  • カンファレンスの参加
  • 研究室の見学
などなど、ご希望があれば可能な限り対応します。


当院での実際の見学例

みっちりコース
09:30 教授回診
10:30 病棟回診
11:00 教授とお話
11:30 治療計画実習
12:00 昼食と重粒子線施設見学
14:30 子宮腔内照射(RALS)
15:00 生物実験研究室見学
16:00 治療計画または重粒子外来見学
抄読会・発表会があったコース
08:15 朝カンファレンス
09:00 オリエンテーション
09:30 病棟見学+外来見学
11:00 昼食
12:00 研究室抄読会・大学院生発表会
14:00 生物研究室見学
15:00 重粒子センター見学
17:00 治療計画実習
2日間コース(生物研究に興味あり)
1日目
09:00 カンファレンス
12:30 重粒子線センター見学
13:00 研究室見学
2日目
午前中 病棟実習
13:30 重粒子生物ラボ見学
午後のみコース
13:00 オリエンテーション
14:00 教授面談
15:30 外来見学
16:30 重粒子線センター見学

過去の見学者からの質問

  • 放射線治療とは何ですか?
  • 主に悪性腫瘍に対し、放射線を当てる治療法です。
  • 放射線治療で悪性腫瘍が根治できるのですか?
  • はい。腫瘍の状態によっては手術と同等以上の成績を挙げます。欧米では手術と共に根治治療の主流です。
  • 根治以外の放射線治療もあるのですか?
  • 疼痛や出血、腫瘍の増大を抑えるための緩和照射もあります。
  • 放射線治療は患者さんを診察しないのですか?
  • いいえ。幅広い病態の癌を相手にするため、診察は必須です。当科では病棟も持っており入院も対応しています。
  • 放射線治療に技術が必要な手技はありますか?
  • 喉頭鏡、気管支鏡、上部消化管内視鏡、膀胱鏡、直腸鏡などの内視鏡とアプリケータ挿入・針刺入による小線源治療があります。
  • 群馬大学の放射線科はIVRや画像診断は行っていないのですか?
  • 当科は放射線治療専門です。画像診断やIVRについては本学の核医学科で行っています。
  • どのような関連病院がありますか?
  • 下図の通り、関東一円に多くの関連病院があります。(クリックすると拡大します)
  • 関連病院図

  • 女性医師の出産・育児についての待遇はどうなっていますか?
  • この10年の入局者のうち3人が産前産後休業・育児休業を取得しながら出産・育児と仕事に取り組んでいます。
  • 他大学出身者の受け入れ状況はどうなっていますか?
  • ここ数年は特に他大学出身の先生の入局が多くなっており、直近5年間の入局者14人のうち、5人が他大学出身の方でした。

お問い合わせや見学・実習の申込みはこちらから