メインイメージ

先輩医師からのメッセージ

放射線科に入局してからも、様々な活躍の仕方があります。あなたが興味のある先輩医師の声を聞いてみて下さい。

当科の特色について:医会長からのメッセージ

名前:神沼 拓也
出身:東京都
趣味:お酒を嗜むこと
大学時代の部活:スキー部、剣道部

 みなさん、こんにちは。群馬大学放射線科医会長の神沼拓也です。ここでは当教室の特色を御紹介させていただきます。 当教室の特徴を一言でいうと「多様性」だと思います。

 まず臨床面では世界最先端の重粒子線治療をはじめ、画像誘導小線源治療(IGBT)、定位放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)など、様々な高精度放射線治療を行っています。あらゆる治療法を学ぶことで、総合力の高い臨床医の育成を目指しています。研究面では物理的なものから生物学的なものまで、幅広いテーマで基礎研究や臨床研究を行っています。研究は当教室内で行うもののみならず、医学物理部門や生物学部門と連携をしたり、大学内に設置されている未来先端開発機構の“ハーバード・ラボ”とも連携を行い、世界をリードする研究者を育てるべく様々なプロジェクトを主導しています。このように恵まれた環境で放射線治療を学べる施設は他に無いと言って良いのではないかと思います。

 当教室の「多様性」は環境面だけではありません。それはこの教室を作り上げている人材、つまり仲間達です。強い情熱を持った教授と、それに惹かれて集まった個性あふれる仲間達。それぞれが色々なことに興味を持ち、経験や研究を重ね、議論を行い、日々お互いに刺激しあいながら働いています。それが時に大きな「化学反応」を起こし、大きな力となってきました。がん治療という、標準治療だけでは解決できない場面に多く突き当たる領域では、仲間達の経験や意見は本当に心強いものです。

 まず一度遊びに来てください。自分もこの仲間に加わりたい、と感じてもらえると思います。

臨床を頑張りたい人へ

出身:埼玉県
興味のある分野:肺癌
趣味:ダイビング
大学時代の部活:弓道部

■ 放射線治療をめざしたきっかけは?

 学生時代から癌治療に興味があった。その中でも放射線科はまだまだブラックボックスが多い印象で、そのぶん可能性があると感じた。


■ 初期研修が終わった直後はどのように働いた?

 初期研修後は都立駒込病院で働き、癌治療に対する考え方を学んだ。また、アメリカの放射線治療学会で駒込病院で行っている肺癌の治療成績に関する発表を行ったことが印象に残ってる。


■ 今やっていることは?

 肺癌について興味がある。重粒子線治療による局所進行肺癌のプロトコール作成に携わることがきた。世界でも初めての試みで、この結果によっては今まで救うことが出来なかった人を救う事が出来るようになるかもしれないと期待している。


■ 放射線治療を目指す学生・研修医に向けて一言

 全員が必ず成功するとは言えないが、チャンスが多い分野なのは間違いない。まだまだやるべきことが多い世界なので、一緒に働いていける仲間となって欲しい。


国際貢献に興味がある人へ

出身:神奈川県
興味のある分野:子宮頸癌
趣味:スキー、釣り
大学時代の部活:野球部

■ 今やっていることは?

 臨床面では殆どすべての部位の癌の治療に携わっている。重要なのはどこにどれだけ放射線を当てるとどのような反応(作用、副作用ともに)を示すか、ということをよく理解して患者の状態に合わせたBESTな放射線治療を組み立てることだと思う。うまくいった場合のやりがいは大きい。

 研究面では子宮頸癌の放射線治療に関して解析を行っている。日本では海外と違う独自の方法で副作用を減らしながら海外の方法に劣らない治療成績を挙げている。その日本の治療方法の特徴を定量的に表すための解析を行っている。子宮頸癌は途上国で多い疾患であり、その治療法の知見を深めていくことは世界に貢献できる課題だと思っている。


■ 国際貢献・海外での活躍とは具体的にどのようなことをしているのか?

 子宮頸癌の最新の放射線治療を広めるための国際原子力機関(IAEA)のプロジェクトに携わっている、今秋にはアジア地域から医師、物理士を集めて子宮頸癌放射線治療のトレーニングコースの開催が予定されており、その開催の準備、運営に携わっている。

 外国の人に自分たちの意見をうまく伝えるのは難しいことだが、それができた瞬間はとても達成感がある。結果として自分たちの仕事が海外の人達の役に立てばなおさらである。またイベントの際に世界の舞台で活躍されている先生方と話す機会があるが、優秀さとともに人格も非常に温厚で尊敬できる方々が多く、そういった真に一流の先生方と接することができるのも醍醐味の一つであると思っている。


■ 国際貢献というと英語力が必要だったり、臨床との両立が難しいのではといった心配があるが、どうか?

 英語については私自身も未だに自信があるわけではないが、場数を踏むことで向上すると思っている。当科では先輩たちのサポートの下、国際学会の参加や留学生との交流もあり英語力を鍛える土壌がある。また、私自身の経験から自分の専門領域のことだけでなく、どれだけ幅広い知識、話題(世界情勢、スポーツ、音楽 ETC)を持っているかが大切だと思うようになった。

 臨床との両立も問題ない。日中は臨床の仕事に集中し、夕方以降の時間を研究や国際貢献、プライベートに費やすことができている。夜中や休日に呼び出されることも少なく、非常に恵まれていると思う。


■ 放射線治療を目指す学生・研修医に向けて一言

 放射線治療は非常に伸びしろのある分野だと思っています。また今後世界的に高齢化が進む中で、癌患者は確実に増え続けると思われるので、世界に貢献もでき、なおかつ食いっぱぐれる心配もない魅力的な科だとも思います。研究をして世界にうって出たい人も、地域で癌患者の役に立ちたい人も、活躍の余地は十二分にありますのでぜひ我々の仲間になってください!


出産・育児と仕事を両立したい人へ

出身:東京都
興味のある分野:放射線治療全般
趣味:テニスと少し練習したゴルフ
大学時代の部活:硬式テニス部

■ 現在どんな仕事をしているの?

 普段は外来・病棟診療と治療計画を担当しています。現在の担当領域は乳腺・甲状腺・皮膚・骨軟部・下部消化器腫瘍ですが、以前は肺・頭頸部・血液腫瘍でした。外勤ではその他の疾患も担当しますし、幅広く経験させて頂いています。大学院では重粒子線の正常肺への影響について研究しつつ、放射線生物学についても勉強させて頂きました。


■ 女性でも活躍できる?体力は必要?

 女性でも重要なポジションで活躍できますし、特に私たちの教室においては子宮頸癌などの女性の病気の治療にも力を入れているので、むしろ女性が必要とされています。男性医師と必ずしも同じ扱いではありませんが、周りから女性としての活躍を期待されるという部分では得していますね。

 体力は普通程度にあれば良いと思います。長時間の立ち仕事もありませんし、特別夜間の業務が多い、朝が極端に早いということもないです。休日も完全オフなので家庭との両立もしやすいです。


■ 出産・育児と仕事の両立についてのサポートはある?

 世間一般的に女性が子育てをしながら男性と同じ条件で働くための環境は改善されつつありますが、まだ十分とはいえません。この点については私達の教室の先生方は協力的ですので、これからも一緒に改善に取り組んでくれると思います。さらに育児と仕事を両立して頑張りたいという女性がより集まれば、そのためのシステムも確立しやすくなるという好循環も期待しています。


■ 放射線治療を目指す学生・研修医に向けて一言

 放射線治療は根治から緩和まで、その人に合った治療を提供するために患者さんやそのご家族と向き合うという、やりがいのある仕事です。

 一方で私たちの教室では最先端の技術にも触れることが出来ます。重粒子線治療も順調に進んでおり、研究も含めて臨床、生物、物理の側面からよりよい治療を一緒に作り上げていくことができます。

 私は現在、子育てをしながら日常臨床業務・大学院研究をやっています。ぜひ一度見学に来て、いろいろお話しましょう!! 聞きたいこと・気になることに対し、リアルな私なりの答えがきっとお伝えできると思います。


研究を頑張っていきたい人へ

出身:群馬県
興味のある分野:腫瘍生物学、婦人科腫瘍
趣味:カレーづくり
大学時代の部活:軽音楽部

■ 放射線治療をめざしたきっかけは?

 がんに興味があった。全身のがんを取り扱い、かつ自分の手で根治できる科は放射線科しかなかったので、迷う余地がなく、4年生で決めた。


■ 群馬大学放射線科の特色は?

 国際的。国際学会での発表、IAEAの活動、海外留学、海外からの留学生など、常に外国人と交流するイベントがあり、おのずと国際感覚が磨かれる。


■ これまでのキャリアで印象に残っていることは?

 入局3年目で医者を2年間辞めて国立がん研究センター研究所へ国内留学させて頂いた。そこでサイエンスの神髄を学び、臨床を含め、ものの見方が変わった。


■ 今やっていることは?

 大学で臨床と研究を50%/50%でやらせて頂いている(土日も含めれば35%/65% 笑)。今後は、臨床と基礎の橋渡し役(トランスレーショナル・リサーチャー)になりたい。具体的には、放射線(X線・重粒子線)に対し、効きやすいがん・効きにくいがん、副作用が出やすい患者さん・出にくい患者さんを同定することで、患者さんひとりひとりに合った「テーラーメイド医療」の発展に貢献したい。


■ 放射線治療を目指す学生・研修医に向けて一言

 放射線治療は根治から緩和まで、その人に合った治療を提供するために患者さんやそのご家族と向き合うという、やりがいのある仕事です。

 「放射線医」ではなく「腫瘍医」をイメージして欲しい。群馬大には、臨床面では豊富な症例と最先端の重粒子線治療がある。研究面では、若い大学院生の先生方に気持ちよく研究してもらえる環境が整ってきたところだ。あなたが世界で活躍する舞台は準備されている。