JASTRO開催にあたってのご挨拶ー中野隆史

来る平成27 年11 月19 日(木)~ 21 日(土)に群馬県前橋市のベイシア文化ホール・前橋商工会議所会館において日本放射線腫瘍学会(JASTRO)第28 回学術大会を開催いたします。この場をお借りして皆様に今大会の特色をご紹介したいと思います。まず、今大会では国際的なプログラムの充実を図っています。米国放射線腫瘍学会(ASTRO)、欧州放射線腫瘍学会(ESTRO) との連携に加え、韓国放射線腫瘍学会(KOSRO)、中国放射線腫瘍学会(CSRO) との3 か国シンポジウムを予定しており、更に昨年、日本放射線腫瘍学会が中心となって立ち上げた、アジア地域全体を包括するアジア放射線腫瘍学連合(Federation of Asian Organizations for Radiation Oncology (FARO)のシンポジウムも予定されております。日本がアジアの放射線治療の中心的役割を担っていくという明確な意思表示になろうかと思います。また海外からは多くの著名な先生方をお招きしております。世界の一流の研究者の方々と交流する大変貴重な機会となると思いますのでぜひ講演に参加いただければと思います。

さて、今大会のテーマは放射線治療の物理工学的革新と生物学的革新の融合に焦点を当て、低侵襲の放射線がん治療法の開発や、先進的がん診断法による正確な病状の把握,最適なオーダーメイド放射線治療をめざす「高精度放射線治療時代の包括的放射線腫瘍学:Comprehensive Radiation Oncology in High-Precision Radiotherapy Era」と設定させていただきました。学会の国際化の流れを鑑みて、学術発表の抄録を原則英語とさせて頂きましたが演題数は予定を上回って550 題を超える申し込みがありました。新たな治療法に関する臨床試験の結果の報告から、放射線生物学、あるいは物理学の基礎的研究、さらにはコメディカルの方々からの取り組みのご報告など幅広い分野で質の高い演題が多く、大変嬉しく思っております。大会中は海外からの研究者も含め、多くの方々にご参加いただき、活発な議論ができればと思います。 大会への学生、研修医の方々の参加も大歓迎です。参加費についても初期研修医(卒後2年目まで)の方が5,000円 、大学生以下の方は無料とさせていただいています。日本の放射線治療の熱い雰囲気を感じていただけると確信しておりますのでぜひご参加ください。

今回、群馬での学会ということで、来ていただいた皆様にぜひ群馬の歴史、文化、風土を感じていただきたくさまざまな企画を準備しております。世界遺産である富岡製糸場に関する特別講演や、群馬の特産品を揃えた物販コーナーなども用意しております。また現在前橋はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台となっておりますが、前橋市にある群馬県庁にはドラマ館が設置されております。またドラマの登場人物である楫取素彦と大変ゆかりの深い歴史的建造物である臨江閣も比較的会場近くにございます。皆様のお時間が許せばぜひお立ち寄りいただき、群馬の雰囲気を感じていただければと思います。

最後になりますが、この大会が、放射線腫瘍医を中心として、あらゆるメディカルスタッフ、放射線生物学、放射線物理学等の専門家の参加を得て、基礎から臨床へ、臨床から基礎への相互方向の学際的学術トランスレーションの場を提供し、来たるべき放射線腫瘍学の展開に微力ながら寄与出来る契機となれば幸いです。多くの皆様のご参加を期待しております。