癌治療学会開催にあたってー中野隆史教授

来る平成28年10月20日(木)から22日(土)にかけて、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて第54回日本癌治療学会学術集会を開催いたします。開催にあたって、皆様に学術集会の特色をご紹介させていただきたいと思います。本集会はテーマとして「成熟社会における、がん治療のイノベーション」を掲げさせていただきました。成熟社会とは物質的な充足の追求が限界を向かえる中で人生や生活の質の向上を重視する持続可能で安定した社会を指します。我が国では経済的な発展とともに、医療システムも発展し、必要な治療が必要な患者に須らくいきわたるユニバーサルヘルスケアシステムが確立し、世界最高レベルの平均寿命を達成しました。結果として高齢化が進行したことで、必然的に癌患者も増加し、国民の2人に1人が癌に罹患する、とまで言われております。このような時代背景の中で、癌の治療は「癌そのものを治癒する」のは当然のことながら「患者のその後の人生も含めて、患者そのものを真の意味で治癒する」ことの重要性が改めて認識されています。一方で、癌治療の分野では日々技術革新が生まれ、免疫治療やロボット手術など新しい治療が登場しています。これらの新しい技術や既存の治療をどのように組み合わせて「より質の高い、真の治癒」を目指すのか、という課題に対して、癌治療に携わる各分野の専門家、そして癌患者さんが一同に会する本学会の場で議論を深めたいと考えております。

さて、今回群馬大学が本学会を主催するのは43年ぶりとなります。会場は来場者数の都合で、神奈川県横浜市パシフィコ横浜となりましたが、群馬大学が主催するにあたって、群馬の特色を出せるよう様々な企画を準備しております。本大会の特別講演には国際原子力機関事務局長天野之弥先生をお招きし、原子力の平和利用~発展途上国におけるがんへの挑戦~、についてご講演いただきます。この講演は、長年、日本が取り組んできた、放射線治療の発展途上国への普及、という国際協力活動に対して、群馬大学も微力ながらご協力をさせていただいてきた経緯から実現しました。また、群馬大学には世界でわずか8施設しかない重粒子線治療施設があります。今年4月から、切除非適応の骨軟部腫瘍に対しては、保険適応が認められました。これによって患者さんの経済的負担は大幅に軽減されました。重粒子線治療はより体への負担が少なく、確実な治療効果を望めることが認められてのことであります。本大会では、これらの最先端の治療が癌治療の中でどのような役割を持つのか、各分野の専門家を集め、議論したいと考えております。その他にも、学術大会内では、群馬がん治療技術地域活性化総合特区(がん特区)や世界遺産となった「富岡製糸場と絹産業遺産群」についての講演なども予定しております。

さて、本大会では一般の方を対象としたプログラムも用意しております。文化人講演として作家五木寛之氏、哲学者の竹内整一氏、俳優梅沢富美男氏などの講演があります。これらの講演は一般の方向けの限定チケットで入場が可能です。さらに、横浜市内の小学生を対象とした「がんジュニアセミナー」なども準備しております。詳細は学会ホームページをご覧ください。最後になりますが、本大会が、癌治療における、分野を超えた専門家同士や医療者と患者さんの議論の場となり、より質の高い癌治療の発展に微力ながら寄与出来る契機となれば幸いです。多くの皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

第54回日本癌治療学会学術集会 会長 群馬大学大学院医学系研究科 教授 中野隆史

JASTRO開催にあたってのご挨拶ー中野隆史

来る平成27 年11 月19 日(木)~ 21 日(土)に群馬県前橋市のベイシア文化ホール・前橋商工会議所会館において日本放射線腫瘍学会(JASTRO)第28 回学術大会を開催いたします。この場をお借りして皆様に今大会の特色をご紹介したいと思います。まず、今大会では国際的なプログラムの充実を図っています。米国放射線腫瘍学会(ASTRO)、欧州放射線腫瘍学会(ESTRO) との連携に加え、韓国放射線腫瘍学会(KOSRO)、中国放射線腫瘍学会(CSRO) との3 か国シンポジウムを予定しており、更に昨年、日本放射線腫瘍学会が中心となって立ち上げた、アジア地域全体を包括するアジア放射線腫瘍学連合(Federation of Asian Organizations for Radiation Oncology (FARO)のシンポジウムも予定されております。日本がアジアの放射線治療の中心的役割を担っていくという明確な意思表示になろうかと思います。また海外からは多くの著名な先生方をお招きしております。世界の一流の研究者の方々と交流する大変貴重な機会となると思いますのでぜひ講演に参加いただければと思います。

さて、今大会のテーマは放射線治療の物理工学的革新と生物学的革新の融合に焦点を当て、低侵襲の放射線がん治療法の開発や、先進的がん診断法による正確な病状の把握,最適なオーダーメイド放射線治療をめざす「高精度放射線治療時代の包括的放射線腫瘍学:Comprehensive Radiation Oncology in High-Precision Radiotherapy Era」と設定させていただきました。学会の国際化の流れを鑑みて、学術発表の抄録を原則英語とさせて頂きましたが演題数は予定を上回って550 題を超える申し込みがありました。新たな治療法に関する臨床試験の結果の報告から、放射線生物学、あるいは物理学の基礎的研究、さらにはコメディカルの方々からの取り組みのご報告など幅広い分野で質の高い演題が多く、大変嬉しく思っております。大会中は海外からの研究者も含め、多くの方々にご参加いただき、活発な議論ができればと思います。 大会への学生、研修医の方々の参加も大歓迎です。参加費についても初期研修医(卒後2年目まで)の方が5,000円 、大学生以下の方は無料とさせていただいています。日本の放射線治療の熱い雰囲気を感じていただけると確信しておりますのでぜひご参加ください。

今回、群馬での学会ということで、来ていただいた皆様にぜひ群馬の歴史、文化、風土を感じていただきたくさまざまな企画を準備しております。世界遺産である富岡製糸場に関する特別講演や、群馬の特産品を揃えた物販コーナーなども用意しております。また現在前橋はNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台となっておりますが、前橋市にある群馬県庁にはドラマ館が設置されております。またドラマの登場人物である楫取素彦と大変ゆかりの深い歴史的建造物である臨江閣も比較的会場近くにございます。皆様のお時間が許せばぜひお立ち寄りいただき、群馬の雰囲気を感じていただければと思います。

最後になりますが、この大会が、放射線腫瘍医を中心として、あらゆるメディカルスタッフ、放射線生物学、放射線物理学等の専門家の参加を得て、基礎から臨床へ、臨床から基礎への相互方向の学際的学術トランスレーションの場を提供し、来たるべき放射線腫瘍学の展開に微力ながら寄与出来る契機となれば幸いです。多くの皆様のご参加を期待しております。

IAEA大使団 群馬大学視察報告

IAEA大使団 群馬大学放射線医療施設を視察
 去る2015年3月11日、国際原子力機関(International Atomic Energy Agency:IAEA)の大使団が群馬大学の重粒子線医学センター及び放射線治療施設を視察されました。今回視察されたのはオーストリアのウィーンにあるIAEA本部に各国の代表として派遣されている大使の方々です。今回は日本における最先端の原子力活動、特に放射線の医療分野への応用を中心とする原子力の平和的利用の取組み、及び東京電力福島第一原子力発電所事故後の取組みについて理解を深めてもらうことを目的として、外務省がIAEAの理事国6か国(イギリス,ケニア,ナイジェリア,インド,チリ,アメリカ)の大使等7名による日本の原子力関連施設の視察に群馬大学が協力したものです。3月11日朝、東京を出発した大使一行を群馬大学重粒子線医学センターでお迎えするところから今回の訪問が始まりました。まず群馬大学腫瘍放射線学中野隆史教授より開会の挨拶が行われ、高田邦明学長とより歓迎の挨拶がありました。その後、放射線診断核医学の高橋綾子講師より放射線診断について、腫瘍放射線学准教授斉藤淳一先生より放射線治療について講義が行われました。講義後には大使の方々から非常に熱心な質疑が寄せられました。質疑応答の後は、大学病院中央診療部にて画像診断施設及びX線の放射線治療施設の見学を行い、最後に重粒子線医学センターにて加速器室及び治療室の見学を行いました。加速器室は重粒子線治療の心臓部であり、普段は見ることのできない場所となっています。直径20m超のシンクロトロンやイオン発生器など複雑な装置が並ぶ様子に、大使の方々は驚きを持って熱心に機械を見学されていました。群馬大学での見学を終えた後、午後は高崎市にある日高病院へ移動し、大勢の職員による歓迎で出迎えられました。施設内では、最新鋭の放射線治療機器であるトモセラピーやガンマナイフ Perfection、FDG-PET/CTによる画像診断部門を見学され、日本の地域医療におけるがん診療のレベルの高さならびに原子力の平和的利用について実感していただけたと思っております。その後、高崎量子応用研究所へ移動し、放射線による高機能材料開発などの産業利用や大気中放射性物質のモニタリングについて見学を行いました。1日で3施設を周る多忙なスケジュールでしたが、各施設での歓迎や内容の充実した講義・説明に大使の方々は満足されていたようです。大使団は群馬に一泊し翌日福島へ出発されるということで、夜は伊香保温泉へご案内し、群馬大学主催・平塚副学長のもと、レセプションを行いました。大使の方々は純和風の旅館の雰囲気に感動され、浴衣や温泉、和食などの日本文化を楽しまれたようです。多くの大使からは「今まで色々な国へ行ったが、最も素晴らしい経験だった」と嬉しい感想をいただきました。
 今回の訪問で大使の方々には日本の放射線治療及び診断のレベルの高さについて理解を深めていただき、更には日本人の緻密さや「おもてなし」など日本文化にも触れていただけたのではないかと思います。今後も日本の国際貢献の一助となれるような活動を進めていきたいと考えております。
群馬大学 腫瘍放射線学分野 中野隆史

IAEA

新年のご挨拶ー中野隆史教授

皆様、明ましておめでとうございます。新年にあたりご挨拶申し上げます。
昨年を振り返ってみますと、重粒子線治療におきましては年間500例の治療を行い、まだ短期間の経過ではありますが放医研の良好な治療成績をほぼ再現する経過をたどっております。患者数も着実に増えており、重粒子線治療に対する期待の大きさを改めて認識する次第です。皆様のご協力の賜物と感謝申し上げます。大学院教育ではグローバルリーダー養成プログラムにより放射線腫瘍医、物理工学研究者、生物学研究者の養成も軌道に乗ってきました。研究体制では、群馬大学が強みを有する先端研究分野のグローバル化を目指す、未来先端研究機構が創設され、私がその統合腫瘍学研究部門を任され、ハーバード大学のオープンラボラトリーを開設しました。最先端の実験装置が完備され、最先端の国際的研究ネットワークが構築され、申し分のない研究環境を整備しましたので、あとはすべて教室員の皆さんのやる気にかかっています。ここから世界に羽ばたく教室員が何人育つか楽しみにしています。
一方、国際的には、これまでの20年以上に渡るIAEA等のアジア地域国際貢献活動で得られた人脈を基盤にFederation of Asian Organizations of Radiation Oncology (FARO)を設立し事務局長として活動を開始しました。この組織はアジア地域各国の放射線腫瘍学会が連合し、教育、研究など幅広い分野で交流を深め、以ってアジア地域の放射線治療のレベル向上を目的としています。私たちの教室が放射線腫瘍学の分野でアジアを牽引する使命を皆で共有し、学術活動を展開したいと願っています。
さて、本年当教室は日本放射線腫瘍学会第28回学術大会の主催という大きなイベントを控えています。すでに昨年から準備を進めておりますが、今回のメインテーマは「高精度放射線治療時代の包括的放射線腫瘍学:Comprehensive Radiation Oncology in High-Precision Radiotherapy Era」とさせていただきました。これは、重粒子線治療を含む高精度放射線治療の急速な進歩・普及に伴い、腫瘍の局所制御は比較的容易に得られ、かつ、有害事象を少なく治療することができるようになりつつある中で、最終的な目標の一つである根治・治癒を目指し、手術・化学療法・免疫療法などとの集学的治療による生存率の向上に向けて、放射線生物学、放射線病理学、放射線物理学を含めた、広義の“放射線腫瘍学”の更なる発展が求められている、と考えテーマを設定しました。放射線腫瘍医を中心として、あらゆるメディカルスタッフ、放射線生物学者、放射線物理学等の学際的な専門家がこの学問空間に一同に会して、基礎から臨床へ、臨床から基礎への相互方向の学術的トランスレーションを積極的に試みたいと思います。学会主催に際しては教室員の先生方には特に負担をかけると思いますが、皆の力を集結しさすが群馬大学、と言われるよう、熱い思いで共に取り組んでいきましょう。
最後になりますが、当教室と皆様のますますのご健勝とご活躍を祈念いたしまして、平成27年の私の新年の挨拶と致します。

平成27年元旦
群馬大学大学院医学系研究科腫瘍放射線学分野教授  中野隆史

新年のご挨拶−中野隆史教授

皆様、明ましておめでとうございます。新年にあたりご挨拶申し上げます。

昨年を振り返ってみますと、重粒子線治療で予定を上回る約1000名のがん患者を大きな問題を起こさずに治療することができました。そして、文科省の「博士課程教育リーディングプログラム:重粒子線医工学グローバルリーダー養成プログラム(平成23~29年度)を担う中心的講座として、重粒子線治療を中心とする領域で世界のリーダーを養成する大学院教育を推進して来ました。また、群馬県と協力し、政府から重粒子線治療を中核とした「がん治療技術地域活性化総合特区」の指定を獲得したり、文部科学省の「国立大学改革プラン」において群馬大学が重粒子線治療の強みを活かしたプログラムで全国の12の大学の1つに選ばれたりと、ますます群馬における重粒子線治療が注目された年であったと言えると思います。更に学会活動では、私が2016年の第54回日本癌治療学会学術集会の大会長に選出されるという出来事がありました。ご承知のごとく、日本癌治療学会は規模、内容ともに国内で最大級の学会であり、日本のがん治療の方向性を決定していくという重要な学会でもあります。このような大会を任されたのも、同門の諸先生方のこれまでの実績が評価されたものであり、群馬大学腫瘍放射線学分野への期待の表れと考えております。そこで、この学術集会に対する私の思いを述べさせて頂き、新年の挨拶に代えさせて頂きます。

近年、がん治療の進歩はめざましく、放射線治療でも、画像誘導放射線治療、IMRT、粒子線治療などの新しい技術が開発されてきました。外科療法においても、内視鏡手術やロボット支援手術に代表される技術革新、QOLを重視した低侵襲手術、機能温存手術が発展しました。薬物療法においても、分子標的薬の開発やオーダーメードの免疫療法の登場により、包括的ながん医療の進歩と裾野の拡大が現実のものとなっています。

この間、日本社会も高度経済成長を基盤とした成長社会から、経済成長の鈍化や少子高齢化の進行などから、社会インフラの整備と人生の質が重視される成熟社会へと移行し、がん医療に対する考え方、さらには人生の価値観にも変化が起きています。がんに対して、医療は何をなすべきか、何を治し、何を癒やすべきか、高負担医療社会を克服し、患者さんの視点のみでなく、文化・文明の視点から新たな良心によるがん医療の論理と日々の秩序を再構築することができるのか、が問われているのではないでしょうか。第54回日本癌治療学会学術大会では、こうした状況を踏まえて、大会のテーマとして「成熟社会における、がん医療のリノベーション」を掲げ、現代のがん医療の着実な成果と近未来の諸課題を、“成熟社会における医療”という側面から再考してみたいと考えています。

がん治療の選択肢が多様化し、患者さん中心の医療が成熟していく中、さらに新たな医療哲学に止揚すべく、放射線科のみならず、様々な分野の方と連携して、多面的にがん医療を科学し、哲学することを通して、“さすが群馬大学”と言われるような学術集会を目指していきたいと思います。教室員の先生方には特に負担をかけると思いますが、今後の日本のがん治療を我々が変える、と言う熱い思いで共に取り組んでいきましょう。シンポジウム等の提案があれば常時受け付けていますので、是非ご一報下さい。

最後になりましたが、当教室と皆様のますますのご健勝とご活躍を祈念いたしまして、平成26年の私の新年の挨拶と致します。

平成26年元旦

群馬大学大学院医学系研究科腫瘍放射線学分野教授  中野隆史