第9回日本放射線外科学会会長挨拶ー高橋健夫教授(埼玉医大総合医療センター)

第9回日本放射線外科学会開催に際して

このたびは第9回日本放射線外科学会学術大会をお世話させて頂くことになり、大変光栄に存じます。
本学会は全国の放射線外科治療に携わる医師、医学物理士、診療放射線技師の方々が一同に会し交流を深め、radiosurgeryに関する医学の進歩の促進、社会に貢献することを目的としております。本学会は日頃の臨床での問題点をさまざまな専門領域の会員の皆様で議論できることが大きな利点であり、相互理解を深める場として大変意義深い学会であります。本学術集会では臨床研究の成果の発表、教育講演やセミナーによる生涯教育を推進してまいります。
放射線治療は治療機器の進歩とともに大きな発展をとげ、外科手術とともに局所療法の2本柱としてがん医療に大きな貢献を果たしています。定位放射線照射、強度放射線治療は全国に普及しつつあり、高い局所制御と有害事象を抑えた治療が可能となり、がん治療における放射線治療の期待は大きく高まっています。体幹部放射線治療はわが国で開発された技術であり、重粒子線治療をはじめとする粒子線治療もわが国で大きく発展しております。これらの治療法のがん治療における今後の方向性について、展望を議論できればと思います。第9回となる本会では「新たな放射線外科の創造―生物学と臨床の融合―」をテーマといたしました。がん治療戦略の中での定位放射線治療の役割について、免疫学をはじめとする基礎医学との融合の観点からも議論を深めていきたいと思います。
川越は小江戸と呼ばれ古い蔵造りの街並みがのこる素晴らしい観光地で、首都圏からの交通の便が良いところです。本学術集会とともに川越の伝統文化にも触れていただき、ご堪能いただければ幸いです。

第9回日本放射線外科学会
                             会長 髙橋 健夫

着任挨拶ー野田真永(埼玉医科大学国際医療センター)

着任にあたり

平成29年4月1日付で着任しました、埼玉医科大学国際医療センターについて紹介します。当院は年間放射線治療患者数が約1400人で常時国内ベスト10には位置しています。また当院には連携しているいずれのがん診療科も教授陣をはじめ、国内を代表するエキスパートが揃っており、がん治療アクティビティが非常に高く、私もやりがいを感じながら日々の診療を行っています。キャンサーボードでの難治症例について、各診療科からの建設的な意見の応酬からは、担当医のがん患者に対する真摯な姿勢が感じられます。
当科常勤スタッフは同門である加藤真吾教授、岡崎祥平先生、小松秀一郎先生を含めた6名の医師と3名の医学物理士です。医学物理士とは同室で治療計画をし、昼食も共にする間柄であり、情報の共有が図れます。また、看護師、放射線技師も隣室で働いており、職種間の垣根が低く、まさに全員で放射線治療を作り上げている感覚があります。
放射線治療の種類としては、直線加速器による高精度放射線治療とサイバーナイフによる定位放射線治療、そして高線量率・低線量率小線源治療が行われており、粒子線治療以外の全ての治療が当院では実施されています。症例数は豊富であり、岡崎先生、小松先生が中心となり毎日1日平均6件の外部照射の治療計画を担当します。小線源治療も週平均で子宮頸癌が4件、前立腺癌が高・低線量率各1件の症例がありますので、両先生ともに常に上級医からのフィードバックを受けながら、非常に良い経験を積んでいます。若手医師には、この診療の中から生じる臨床的疑問点について、積極的に学会発表や臨床研究の論文発表として報告することを奨励しています。これまでにも田巻倫明先生や阿部孝憲先生も当院在任中に数々の論文を執筆されました。
また、当院の特徴として、各診療科において国内外の臨床試験が多数実施されていることもあげられます。私も乳癌治療ではNRG-oncology*の臨床試験に放射線腫瘍医として参画しています。こういった活動により、国際的大規模臨床試験の流れを習得することができます。
そしてついに、2年後には先端放射線治療センター(新棟)が開設されます。今年度中に建設が開始される新棟には、現在の倍にあたる4台の高精度放射線治療対応型直線加速器と最新型のサイバーナイフも導入されます。これにより、当院放射線治療部門の年間治療患者数は増加し、がん研究センター中央病院や癌研有明病院のような大規模がん治療専門病院のそれに近づいていくことを想定しています。その一方で、当院は大学病院の一つであり、シニアレジデントらに対する臨床研究を含めた卒後教育ならびに医学生に対する放射線腫瘍学の啓蒙という卒前教育の充実を図ることも大切な使命であると認識しています。昨年度までは群馬大学の中野隆史教授のもとで後進の指導にあたる機会を多数頂いてきました。その中での成功も失敗も、今では指導医として成長するための糧となっていることを実感しています。今後は群馬大学で培った経験を埼玉医科大学国際医療センターでの教育・研究・診療に生かし、これまで以上に、若手医師が当院での研修をすれば、がん治療医として大きな成長を自覚できるような施設となるよう、私も当院の後期研修をはじめとする卒後教育体制の充実化に邁進してまいります。

NRG-oncology*:The National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project (乳癌)とhe Radiation Therapy Oncology Group (放射線治療)とthe Gynecologic Oncology Group (婦人科腫瘍)の3つのがん治療組織がアメリカ国立がん研究所のもとに合併した組織。

平成29年4月吉日

埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科 
教授 野田真永

近況報告ー樋口啓子先生(伊勢崎市民病院)

みなさん こんにちは。

伊勢崎市民病院の樋口です。 いつも大変お世話になっております。

私が伊勢崎市民病院に勤務して約1年半が経過しました。Eclipse使用歴3ヶ月で赴任した当初は、浩央ちゃんマニュアル(佐藤浩夫先生からEclipseを教わった時に書き留めたノート・今も大事にしています)とモニターを交互に見ながらのプラン作成でしたが、今はSmart Segmentation機能を駆使し始めたところです(機能があることを最近まで知らずに、もったいない ところでした)。

今回は伊勢崎市民病院について施設紹介をさせていただきます。

当施設は病床数494床の急性期医療を中心とした病院です。平成18年に地域がん診療連携拠点病院に指定され、平成21年に緩和病棟・内視鏡センター・外来化療法センターが、平成24年に緩和ケア内科が新設されました。昭和53年に設立されたという放射線科は平成24年に放射線診断科と放射線科治療科として新設されました。

放射線治療科は一般外来から最も離れた反対側の端に位置し、放射線検査部門を通り抜けた奥扉をあけると、コンパクトですが機能的な放射線治療部があります。治療機器は 2013年に更新したライナック(バリアン社/Clinac iX)1台、 CTシミュレーター(シーメンス社/Deffinition)1台、 治療計画装置(Eclipse、I-plan)、Exac-Trac X-rayシステム です。

主な疾患は乳癌・前立腺癌・肺癌・食道癌で、年間の新患治療患者数は230-290人です。

平成17年から、泌尿器科と連携して、主に低~中リスクの前立腺癌に対しI125密封小線源永久挿入療法を行い、治療開始からの総件数は8月末現在で407件となりました。この2年間は件数が増加し、週2件ペースで治療が行われ、非常勤の先生方にお世話になっています。RI施設はないため、手術室・一般病室を管理区域として使用しています。高い治療効果を期待でき、施術に約2時間、入院3泊4日 と治療期間が短いことが、この治療の大きなメリットです。当施設では前立腺癌手術件数も多く、2015年の前立腺全摘術は110件でこのうち100件がダビンチによる手術でした。

放射線治療科の常勤医は私1名ですが、非常勤医師として群馬大学から加藤弘之先生、久保亘輝先生、筑波大学から石川仁先生という大変豪華で強力なご支援をいただいています。スタッフは、放射線技師3名(うち品質管理士2名)、非常勤看護師1名で、小田和正顔負けの美声の職人気質、ディズニーキャラクターのようなお茶目な論客派、ケンブリッジ飛鳥似のイケメン実力派、受付も秘書もこなせる優秀な腕利きNurse、と積極的で労を惜しまない熱心なスタッフと一緒に仕事をさせていただいております。

本年度の診療報酬改定により、緩和ケア病棟入院中の放射線治療は包括範囲から除外され別に算定できることとなり、緩和ケア内科となおいっそう連携しやすくなりました。

スタッフ・他科との連携につとめ、よりいっそう良いチーム医療を行っていきたいと思っています。 今後とも、御指導・ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。

着任挨拶ー若月優先生(自治医科大学)

平成14年入局の若月優です。このたび、平成28年4月1日付けで自治医科大学放射線科/中央放射線部の教授を拝命いたしました。30代最後の年にこのような身に余る大役をいただけたのは、群馬大学大学院医学系研究科腫瘍放射線学教室の医会並びに同門会の皆様方の御指導・御支援のおかげと心より感謝申し上げます。

自治医科大学の放射線治療部門は私を含めて、現在常勤医2名、レジデント1名、非常勤医師数名の小所帯でありますが、3台の放射線治療装置と1台の小線源治療装置で年間約1000名(新患800名)(うちIMRT約100件、定位照射約50件、腔内照射約30件)の治療を行っております。栃木県内はもとより、茨城県西部、埼玉県北部の放射線治療を支えております。先任の教授も約半分の患者を担当されていたとのことで、医者になって一番臨床に重きを置いた1か月となりました。

しかしながら大学病院の役割は『教育』、『研究』、『臨床』の多岐にわたりますので、臨床だけでなく、教育・研究も臨床部門が軌道に乗りましたら頑張っていきたいと考えております。特に、放射線腫瘍医の育成こそが自分が群馬大学放射線科に入局以来のライフワークとしており、自治医大のように放射線腫瘍医の少ない大学病院でいかに放射線腫瘍医を増やしていくかを次のテーマと考えております。自分が群馬大学で多くの力を注いできた学生勧誘の面では、自治医大の学生には卒後9年間の義務年限があるため学生からの入局者は望めない環境にあります。そのため、研修医をいかに放射線腫瘍学に興味を持たせ、入局者を増やすかという新たなミッションに臨んでいく必要があり、そのための方法を模索しております。

一方で『研究』や『臨床』といった意味では、自分が今まで群馬大学や放射線医学総合研究所で努めてきた重粒子線治療などの最先端の医療とは異なり、自治医大の大学としての使命は、地域における医療の均てん化というテーマになります。「放射線治療の均てん化とは何が必要なのか」を考え、現在新たな取り組みを考えております。すなわち「放射線治療の均てん化」とは放射線治療機械の充足や普及、先端放射線治療の普及といったことだけでなく、「放射線治療を受ける機会の均てん化」ではないかと考えております。実際に自治医大に来て1か月間で、栃木県の中で地域によっては十分な放射線治療を受けられていない現状を目の当たりにしております。栃木県と同様に日本全国で見ても放射線腫瘍医が充足していない現状から、全国で同様の環境があることは想像されますが、全国の津々浦々に放射線治療装置だけでなく放射線腫瘍医を配置することは困難であることは言うまでもないかと思います。そのためにも根治治療だけでなく緩和治療においても、必要とした患者が適切なタイミングで放射線治療を受けることが可能なシステムを作り上げる必要があると考えております。

まだまだ新たな一歩を踏み出したばかりで、雲をも掴むような状況ではありますが、自治医大に赴任して大きな可能性と未来を感じております。群馬大学放射線科出身の名前に恥じないように、また多くの医会の後輩たちの目標となれるように精進していきたいと考えております。まだまだ至らぬ部分も多く、御迷惑をおかけすることもあるかと思います。今後とも御指導・御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

近況報告ー吉田大作先生(佐久医療センター)

佐久総合病院佐久医療センター 放射線治療科  
吉田大作

 この若手医師の近況報告は今年で10年目、執筆するのはほぼそれ以来となります。あっと言う間に卒後13年目、40歳を目前にして、いくらなんでも“若手”と言うのには憚られる年代となってしまいました。
 論語に、「子曰く、吾(わ)れ十有五にして学に志ざす。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳従う。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず」という有名な言葉があります。しかし、「四十目前にして惑いっぱなし」です。
 この「四十にして惑わず」は、「従来からの自分の枠組みの中にとどまっていてはいけない」と解釈するという説があるそうです。先ほどの「四十にして惑わず」には、異説があって、孔子がこの発言をした当時は、「心」という概念がまだなく、本当は、「惑」ではなく、「或」の文字だったという説があるらしいです。「域」「國」は、「ある特定の範囲」という意味なので、「枠にとどまらず、打ち破っていけ」というメッセージなのかもしれません。
人間年をとると、保守的になり、新しいことへ挑戦する意欲が年々減っていきます。30代後半は落ち着いてくる年代ではありますが、新しいことへの挑戦を避けるようになる時期のような気がします。これを避けるには、自ら現状を打破していくか、外的要因に追いつめられるしか無いと思います。「人を変えることは難しい。変えるのは自分」などといいますが、自分を自分で変えることも他人を変えることと同様に、難しいものです。結局、枠を打ち破るにはしんどい環境に自分を置いて、外的要因で変わっていくしか無いのです。
私の場合、3年前の群馬県立がんセンターでの玉木部長の栄転に伴う実質部門長への移行が大きな出来事でした。30年以上のキャリアの有る部長が退職し、当時10年目の私が部門の責任を持つ立場となる。結局9か月ほどで現在の佐久医療センターに異動することになり、終わりを迎えたわけですが、大変貴重な経験をすることが出来ました。そこで知ることができたのは、“同期、先輩は何の当てにもならない”です。これは当たり前です。アドバイスとは「どう変わったら(変えたら)いいか」を聞くことです。変わることをしていない人間に、変わることの提案を聞いても、内容があるわけが無いのです。
 皆さんにアドバイスがあれば「平常時は先輩を頼りにする。非常時に後輩が頼りになる。どんなときも頼れるのは自分。」です。後輩を大切にして、変わらないことを恐れ、精進していきましょう。

近況報告ー若月優先生(放射線医学総合研究所)

放射線医学総合研究所の若月でございます。今回は編集担当の後輩から近況報告を書くように依頼され筆を取らせていただきました。思い返すと、このメールマガジンは2005年に自分が飲み会の席で発案し、「言いだしっぺ」ということで初代のメルマガ担当者となったところがスタートでした。すぐに鈴木先生と一緒にメルマガの発刊をスタートしてもう100回を超えるまでになっており、大変うれしいと同時に誇らしくもあります。因果は廻るといったところか、メルマガ担当であったころは先輩権限で多くの後輩に近況報告を押し付けて(?)いたのが、今回は自分に回ってくるとは・・・。
愚痴はさておき、メルマガ編集部からの依頼は放医研で取り組んでいることの紹介との事ですので、簡単ですが紹介して行きたいと思います。自分が放医研で行っていることは大きく分けて3つに分けられます。1つ目は当然ですが『重粒子線治療』になります。放医研は世界で始めて炭素イオン線を用いた重粒子線治療を開始した施設であり、重粒子線治療の普及と発展を使命として、臨床試験・先進医療として年間900-1000人に対して重粒子線治療を行っております。現在自分は、放医研の婦人科グループの責任者として、前任の加藤眞吾先生(現埼玉医大国際医療センター教授)の後を引き継ぎ、婦人科腫瘍に対する重粒子線治療を行っております。また今年度は骨軟部腫瘍の担当者の異動の関係で骨盤部を中心とした骨軟部腫瘍の重粒子線治療も行っております。
2つ目は通常の婦人科腫瘍に対する通常の放射線治療も行っております。これは荒居龍雄先生、中野隆史先生以来の歴史を引き継いだものとなっております。特にImage guided brachytherapy(IGBT)に関しては、1980年代よりスタートし、2001年より同室CTを導入し、現在年間で50-60例ほどの婦人科腫瘍の症例に対して放射線治療(IGBT)を施行しております。
3つ目は国際貢献として内閣府のプロジェクトであるアジア原子力協力フォーラム(FNCA)の放射線治療プロジェクトの活動があります。このプロジェクトはアジア地域における放射線治療の均てん化をテーマとして、1993年よりスタートし既に20年を超える活動となっております。現在プロジェクトリーダーを放医研フェローである辻井博彦先生が勤めており、これまでにアジア各国が参加する子宮頸癌に対する4つの臨床試験、上咽頭癌に対する3つの臨床試験、乳癌に対す1つの臨床試験、アジア各国における線量測定や線源の放射能校正等のQA/QC調査等を行ってきております。このプロジェクトも中野先生・加藤先生・大野先生から引き継がせていただいた仕事であり、年に1回のワークショップが各国持ち回りで開催されており、非常に貴重な経験をさせていただいております。本年は11月の第1週に弘前で開催される予定となっており、現在データの整理・解析に追われている真最中になります。
ここまで自分が責任者あるいは担当者として行っている業務を紹介させていただきましたが、自分にとって現在最も重要と考えている仕事がもうひとつあります。それは今までの放医研・婦人科グループの業績をまとめることになります。放医研では故荒居龍雄先生から始まり、中野先生、加藤先生など多くの先生方が積み上げてきた臨床データがあります。特に40年以上の子宮頸癌放射線治療のデータ、子宮頸癌などの婦人科腫瘍に対する重粒子線治療のデータは他にない世界で唯一の貴重なデータになります。このデータを解析し、今後の婦人科腫瘍の治療成績の向上に役立てるような論文報告を行うことが自分に課せられたもっとも重要な使命と考えております。まだまだ未熟で多くの課題に対して十分な回答を出せていない自分ですが、多くの諸先輩方の指導、優秀な後輩からの突き上げを受け、日々(少しあせりを感じながら)モチベーションを絶やさぬようにしております。後輩や今後自分達の仲間になる若者たちの目標となれるようにさらに頑張って行きたいと思っております。今後も皆様のご指導のほどよろしくお願いいたします。

御礼と今後の抱負ー鈴木義行教授 (福島県立医科大学)

平成7年入局の鈴木義行です。この度、平成26年8月1日付けで、福島県立医科大学医学部・放射線腫瘍学講座の主任教授を拝命いたしました。群馬大学大学院医学系研究科腫瘍放射線学教室(旧・放射線医学教室)の皆様方には、入局後約20年に渡り、学生時代(準硬式野球部)も含めると四半世紀以上の長きに渡り、御指導いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
福島県立医科大学の放射線腫瘍学講座は、これまで放射線診断と放射線治療の両方を担ってこられた放射線医学講座から放射線治療部門が分離し、総勢5名の医師でスタートしました。診療の方は、2台のライナック(8年・16年目のベテラン機器)と昨年度導入されました小線源治療装置(RALS)1台で、年間約600名の患者さんの治療を行っております。
さて、ご存じの通り、放射線治療の分野は、機器やIT技術の進歩に伴い急速に発展を遂げております。群馬大学在任中には、重粒子線治療も含め、先端治療のほとんどを経験させて頂きましたが、このような機器の急速な進歩をしっかりと取り入れて行くことは学問的にも重要です。福島県立医大でも、来年度には、ようやく最新型のライナックを導入予定でして、今から導入後に行うべき事をあれこれと考えております。
しかし、一方で、いわゆる“腫瘍学”や“生物学”を無視し、「最新の治療機器でピンポイントに大量の放射線を照射すれば良いのだ」、といった考えが放射線治療医にも広まってきているようにも思えます。群馬大学腫瘍放射線学教室で腫瘍学を叩き込まれた(と思っています…)私にとっては、“許し難て~”(中野教授風に)考え方であります。放射線治療は、がんの集学的治療の一翼を担っており、また、我々自らRadiation “Oncologist”(腫瘍医)と名乗っている訳ですので、“がん病態”や“放射線生物学”をしっかりと理解して診療にあたれるよう、これまでも継続して行って参りましたトランスレーショナル研究・等も行いながら、福島県立医科大学での学生・医師の教育・育成に努めていきたいと考えております。
全国を見渡しましても、放射線治療学と放射線診断学の講座が各々独立している大学は、いまだ約1/4程である中、放射線治療学講座の新設を決断された福島県・県立医大、そして福島県民の皆様の期待は大変大きいものと理解しております。患者さんはもちろんのこと、福島県内外の医師・医療スタッフから信頼される、そして多くの医学生が入局を希望してくれる講座を、志同じくする仲間と共に創っていきたいと考えております。何分浅学非才の未熟者ではございますが、精一杯努力して行く所存ですので、引き続き、御指導・御支援の程、宜しくお願い申し上げます。